メルティングポット株式会社

About-Interview【インタビュー】

代表取締役 佐藤 陽呂美 Q&A

Q1.
チーズ関係のお仕事が多いようですが、
仕事を限定されていらっしゃるのでしょうか?
A.
別に限定しているわけではございません。以前は、サーモン、くるみのレシピコンテスト、米産ワインメーカーのレストランプロデュース等食のプロモーション幅広くも行っておりました。
最近では、複数年契約の乳製品関係の仕事が多くなった傾向もあり、営業がおろそかになっております。
食に関するプロモーションはすべて同じだと思いますので、オファーがあれば是非お引き受けしたいと思ってます。
Q2.
他社と御社の違いは何ですか?
A.
2001年に会社を設立して、自分流でやってきましたので、他社様とどう違うかはわかりませんが、一番は仕事の継続年数が長いこと。
仕事の対応が速く、コストパフォーマンス以上の仕事をしてもらえるとお客様によく言われます。
弊社のような中・小企業だと大手に太刀打ちできませんから、いかにお客様に寄り添い、いい関係を構築し、結果を出せるかを考えながら仕事させていただいております。
もともとPR出身ですから、マスコミに取り上げられなければ、料金はいただけない時代を体験してますので、
結果を重視という考えです。
現在携わっている、試食プロモーション、イベント関係も売り上げ、集客が悪ければ、いくらプロセスに時間をかけても結果がわるければ評価は悪いということになり、お仕事の依頼は来なくなります。
Q3.
最後に一言。
A.
現在、乳製品を中心に商品開発〜販売までトータルで仕事に携わっている経験を活かし、店頭での試食デモンストレーションのあり方に変化をもたらせたいですね。
私も実際店頭に立ち、試食販売を100日程様々なお店で経験をしました。
マニュアルを販売スタッフに渡すだけでも駄目、販売経験もない料理研究家の調理講習会に参加しても、現場(店頭)違いすぎて役に立たない。チーズ知識ばかりもって話しても売り上げに結びつかない。
現在、弊社が取り組んでいる実践型の試食デモの勉強会&トレーニングに、販売結果の分析と改善など、数字につながること意識して取り組んでおります。